幹細胞サイエンスは先ず肌を知ることから

肌は表皮(0.2mm)と真皮(2mm)その下の皮下組織(2~10mm)で構成されています。
表皮と真皮の間に基底膜という膜があり、そこにある表皮幹細胞が表皮細胞を次から次へと生み出して表皮のターンオーバーを司っています。
その隣にはメラノサイト(色素細胞)がメラニンを発生して表皮細胞に受け渡しています。

表皮の下には真皮があります。真皮の大半を占める網状層には線維芽細胞がまばらに存在し、太くて柔らかい柱のようなコラーゲン繊維や、バネのよな弾力を持つエラスチン繊維、隙間を埋めるゼリーのようなヒアルロン酸などのタンパク質を生み出しています。
真皮の網状層を構成するタンパク質が豊富な状態なら、ハリと弾力と潤いのある肌になります。

◆ コラーゲン:柱 → ハリ
◆ エラスチン:バネ → 弾力
◆ ヒアルロン酸:ゼリー → 潤い

これらのタンパク質は常に分解と生成が繰り返されており、このサイクルを司っているのが線維芽細胞です。

■ 肌の断面イメージ

肌図

表情は、最深部の筋肉が伸縮し、皮下組織や真皮、そして表皮が変形することで現れます。
真皮にタンパク質が満たされれている状態であれば、その反発力と柔軟性でシワは現れません。
真皮のタンパク質が減少し反発力と柔軟性が失われてくなると、表皮にシワが現れれます。
これが繰り返されるうちに弱い組織が崩壊し、筋肉の動きに関係のないシワが刻まれてしまいます。

肌図 肌図

反発力と吸収力

皮膚は反発力と吸収力を持っています。強い肌組織は反発力が大きく、弱い肌組織は吸収力が大きくなります。
真皮のコラーゲンやエラスチンが丈夫で柔軟性があり、ヒアルロン酸がなみなみと存在すれば反発力となり、これらタンパク質が減少すると吸収力となって現れます。
最初に現れるシワは、瞬きによって最も動きの多い箇所、目元です。
真皮層のタンパク質が減少し組織が弱くなると、瞬きの動きを吸収するようになってしまいます。
この状態が長期間続くと、最も弱い一本の線上に応力が集中し、その部分の組織が崩壊することで、シワとなって現れるのです。
目尻のシワは老化のサインです。

肌バランス

タンパク質は分解酵素と線維芽細胞の働きで常に再生されています。
線維芽細胞の活性が悪くなることによって、このバランスが崩れます。
分解が滞ると古いコラーゲンが皮膚に溜まってしまい、厚くて硬い男性のような肌になってしまいます。
生成が減ってしまうと組織が弱くなり、シワの原因となります。
健康な肌の管理は、この肌バランスをコントロールすることが重要です。

肌図

このバランスを司っているのが真皮層にある線維芽細胞です。
線維芽細胞の活性がよいと、下図左のように丈夫な繊維状タンパク質が生成されます。

線維芽細胞の活性が落ちてくると、脆弱な組織になってしまうのです。

肌図
肌図 肌図

女性には2度、肌バランスのターニングポイントがあります。
成長期が終わり大人になる25歳前後と壮年期に入る45歳前後です。
この時期は内的要因と外的要因によりおおきな個人差があります。
成長期の終わった25歳前後になると体調の変化が肌に現れたり、前日の無理が肌に現れたりし始めます。
また、45前前後になるとそれまで気にならなかったシミやシワが一気に現れ始めたりします。
これらは全て肌バランスの変化によるもので、線維芽細胞の活性がその源です。

内的要因とは遺伝的なもので、時間の経過にともなって現れます。
もう一つの外的要因は紫外線や化学物質、喫煙や間違った食生活などによってもたらされます。
特に外的要因が大きく影響し、中でも紫外線と喫煙による影響はとても大きいと言われています。
一卵性双生児の双子の兄弟は内的要因である遺伝情報はほぼ同じと見て良いわけですが、一方が喫煙しもう一方が喫煙しなかった場合の肌老化は驚くほどの違いが現れます。

肌老化の原因はさまざまありますが、いずれの場合にも細胞の活性が悪くなることによって肌バランスが崩れるのです。これが肌老化の根本原因です。

細胞活性化の鍵
細胞活性化とは‥‥リガントとレセプター

薬が効く原理は細胞の持っている能力を機能させるか、その機能をブロックさせるかの2通りがあります。
細胞の持つ能力とは遺伝情報を機能させる事を言います。細胞には特定のカタチをした鍵穴(レセプター)があり、そこに特定のカタチに合致した鍵(リガント)が結びつく事で機能し始め、遺伝情報を元にさまざまなタンパク質を作り出し始めます。

肌図

細胞活性の鍵‥‥‥成長因子

ホルモンや成長因子、サイトカインやインターロイキンなどは細胞の活動を制御する鍵(リガント)そのものです。
その中で細胞の成長や分裂を促すものを成長因子と分類しています。
成長因子にも様々なものが存在し、現在解明されているものだけでも200種類以上あると言われます。
ホルモンと成長因子は混同されやすいのですが、簡単に言うと、ホルモンは臓器や脳などの器官が別の器官に情報を伝達する物質で、それに対して成長因子は細胞間の情報伝達物質です。
細胞内の細胞核には染色体があり、その染色体は細い2重螺旋のDNAが整然と折り畳まってできています。
DNAには様々な遺伝情報が格納されており、個々の遺伝情報を遺伝子と呼んでいます。

遺伝子は細胞にあるレセプターにリガントが結合することで読み解かれタンパク質がつくりだされます。
ここで作り出されるタンパク質が他の細胞に命令を伝達する成長因子や活性酸素を中和するSOD、肌を構成するタンパク質なのです。

肌図

細胞を活性化するのは成長因子

DNAはタンパク質の設計図です。
細胞がこの設計図を元に作り出すタンパク質こそがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など肌を構成したり、表皮のターンオーバーを作り出すのです。

肌図
肌図

表皮の油分と水分のバランス

初期のスキンケアは表皮の油分:水分バランスを整えることが主な機能でした。石油化学の発展により、それまでの天然成分に置き換わって化学添加物が多く使われるようになり、使用感は格段に良くなりました。
その反面、長期的には肌にダメージを与え老化を早めていることが分かって来ました。

タンパク質の補給

次の世代のスキンケアは、シワの原因、タンパク質(コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン)の減少に対して、これらを補給する機能をもたせました。
鍵となる浸透技術の開発競争が盛んになり、即効性のあるコラーゲン配合商品などが登場しましたが、これも対処療法的な処置でしかありません。

再生と防御によるアンチエイジング

アンチエイジングスキンケアとは、幹細胞サイエンスを基に肌バランスを崩す根源の細胞の活性に着目し、細胞を活性化する事で弱くなった肌組織を若々しい状態に再生します。
同時に直接的な原因である酸化や糖化の防御を行います。

肌図

これまでのスキンケア

これまでスキンケアは、減少してしまった成分をいかに補うかにフォーカスしていました。
肌に浸透させるか技術が鍵となるわけですが、減少したものを補填しているにすぎず、根本的な問題の解決にはなっていませんでした。

肌図

これからのスキンケア

最新の再生美容においては、根本的な原因に着目しはじめています。根本的な原因とは、細胞の活性です。真皮幹細胞に線維芽細胞を増産させ、線維芽細胞に丈夫なタンパク質を量産させ、表皮幹細胞に表皮細胞を量産させることです。

細胞が活性化すると自らSODや成長因子も量産し始めますので、悪循環を断ち切り、活性サイクルに導く事ができるのです。

細胞を活性化 → SOD増加 → 抗酸化力上昇 → 細胞老化ストップ →

成長因子増加 → タンパク質増加 → シワ改善

成長因子増加 → 細胞分裂増加 → ターンオーバー短縮 → シミくすみ改善

これが、再生医療から派生した幹細胞コスメです。

次世代大注目の3つの成分

  • ADSC-CM

  • PROLIPHIL F4

  • VITA-HA

ADSC-CM

ヒト幹細胞培養液 READ
MORE

老化によって活性の低下した

細胞を呼び醒まし再生を強力に促進

PROLIPHIL F4

アンチエイジングペプチド READ
MORE

老化細胞に特化して吸収される特性を持っている。

表皮浸透性に優れたジペプチド成分

VITA-HA

アンチエイジングビタミンC誘導体 READ
MORE

ビタミンCの優れた機能を届ける。

「皮膚専用、肌に特化したビタミンC誘導体」

contact

お問い合わせ

CLICK