ADSC-CM

ADSC-CM

ヒト幹細胞培養液

老化によって活性の低下した細胞を呼び醒まし再生を強力に促進

特徴:細胞を強力に活性化する成分。
効果:組織再生、コラーゲン・ヒアルロン酸生合成促進、角化細胞・線維芽細胞増殖、美白効果、発毛増毛促進

ヒト幹細胞培養液
ヒト幹細胞の分泌成分です。ヒト幹細胞培養液には、サイトカインや酵素、ECM構成タンパク質などの生理活性物質が豊富に含まれています。老化によって活性の低下した細胞を呼び覚ます賦活成分として、様々な効果を発揮します。
「ADSC-CM」は、脂肪組織から脂肪幹細胞を抽出し、培養した際に幹細胞から分泌されるタンパク質成分です。脂肪幹細胞は成体幹細胞の一種で、骨髄幹細胞や臍帯血幹細胞などよりも容易に採取でき、しかも幹細胞の含有量が多いため、近年、再生医療や化粧品の原料として多く活用が進んでいます。
ヒト由来脂肪幹細胞培養液は幹細胞が作るVEGF(血管内皮成長因子)、 TGF(形質転換成長因子)、FGF (線維芽細胞成長因子)、IGF(インシュリン様成長因子)などの150種類以上の成長因子(グロースファクター)などのタンパク質成分を含有することが報告されています。
「ADSC-CM」は、皮膚老化と損傷を防止し、皮膚組織の主要構成成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生を促進する高機能素材で、幹細胞培養液成分の生理的活性は、抗老化効果、組織再生効果など、様々な効果が確認されています。
幹細胞が分泌する成分には、様々な生理活性物質や組織再生に必要なタンパク質が豊富に含まれています。
生理活性物質であるサイトカインは、細胞の受容体と結びつくことで細胞を活性化する鍵の役割を果たします。また、細胞外タンパク質のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは組織形成を助けます。
「ADSC-CM」は幹細胞や線維芽細胞、表皮幹細胞に直接働きかけ、細胞を活性化するとともに細胞増殖を促し、肌組織の再生を強力に促進します。

PROLIPHIL F4

PROLIPHIL F4

アンチエイジングペプチド

プロリンリサイクルのメカニズムを呼び醒まし、強力な活力を与える。次世代アクティブ成分

特徴:コラーゲン繊維の生成を促進。
効果:線維芽細胞増殖、コラーゲン酸生合成促進、プロリターゼ活性促進、皮膚浸透性

「プロリフィル F4」とは、線維芽細胞の老化に伴うコラーゲン発現の低下に相関関係をもつ細胞内代謝酵素、プロリダーゼの発現低下に着目したペプチド成分です。
ECMの分解、吸収、コラーゲン生成のメカニズムの中で重要な役割を果たすプロリダーゼの発現を促進することで、老化によって衰えたコラーゲンリサイクル機能を活性化します。
プロリンを基盤に合成したジペプチド成分で、表皮浸透性に優れ、また老化細胞に特化して吸収される特性を持っています。「プロリフィル F4」は成分自体のDDS機能によって、優れたコラーゲン生合成促進効果と線維芽細胞増殖効果を発揮します。

優れた細胞活性を示す成分も、皮膚に浸透し細胞に浸透できなければ効果を発揮できません。
皮膚浸透性と共に細胞浸透性が重要な要素となります。ペプチド成分の浸透性には以下の要因が大きく関与します。

1. オクタノール/ 水分配係数(LogP)の値が1 ~ 3
2. 分子量が500 以下
3. 水溶解度が100μg/mL 以上
4. 融点が200℃以下

これらの条件を全て満たすことで優れた試験結果を示します。
「プロリフィルF4」は、上記4条件に対する最適化チューニングを施しているため、皮膚浸透、細胞浸透ともに優れた浸透性を示します。これら浸透性と相まって、細胞試験、臨床試験ともに、優れた有用性を確認しています。

VITA-HA

VITA-HA

アンチエイジングビタミンC誘導体

肌専用アンチエイジングビタミンC誘導体「VITA-HA」

特徴:ビタミンCの優れた機能を届ける。「皮膚専用、肌に特化したビタミンC誘導体」
効果:線維芽細胞増殖、コラーゲン酸生合成促進、プロリターゼ活性促進、皮膚浸透性

VITA-HAとは
「VITA-HA」とは皮膚専用に開発されたビタミンC 誘導体です。
アスコルビン酸と低分子ヒアルロン酸をエステル結合で安定化しています。
表皮に存在するエステラーゼで結合が解かれるので、化粧品処方においても確実なアスコルビン酸デリバリーが可能です。
ヒアルロン酸には低分子のオリゴHAを使用していますので、優れた皮膚透過性と線維芽細胞増殖効果、ヒアルロン酸合成促進効果を示すとともに、表皮深部の保水層との浸透圧現象によって効率的にアスコルビン酸のデリバリーが行われます。
「VITA-HA」はコラーゲン生合成促進効果と線維芽細胞増殖効果、そして免疫機能正常化、抗酸化作用、美白効果が確認されています。

スキントラブルの肌細胞の特徴
トラブルを持つ肌は健康な肌の細胞と比較すると、細胞内の活性酸素と鉄分のレベルに対して相対的にビタミンC濃度が低いのです。
これがスキントラブルの原因と断定することは出来ませんが、要因の一つであることは明らかです。
細胞には自浄作用が備わっています。アスコルビン酸ーグルタチオン回路と呼ばれる代謝によって、細胞内の老廃物を除去する「デトックス機能」です。
ここで重要な役割を果たすのが「アスコルビン酸=ビタミンC」です。充分なビタミンCを与えられた細胞は、細胞内の老廃物など不必要な物質を排出し、自ら健康な状態に戻る力を取り戻します。
ビタミンCは強い抗酸化力を持つことで有名ですが、私たちの細胞には無くてはならない物質です。皮膚にとってもビタミンCが重要な役割を果たすことはよく知られており、そのためビタミンC配合の化粧品は古くから開発されて来ました。
しかし、ビタミンCは強い抗酸化力とは裏腹に不安定という特徴があります。
不安定とは、壊れやすい、または他の成分に結びつきやすく、本来の構造を維持しづらいことを言います。壊れてしまったり、他の成分と結びついてしまうと、ビタミンCの機能が消滅してしまいます。また、ビタミンC は肌につけると刺激があります。
【これまでのビタミンCの課題】
不安定性
肌刺激性
これを解決するのが
肌専用アンチエイジングビタミンC誘導体「VITA-HA」

contact

お問い合わせ

CLICK